中古住宅を購入後にすべきこと〜シロアリ予防で快適な生活〜

シロアリ予防をしないと耐久性が低下・倒壊する危険性もあり

0.6mmあれば侵入できるシロアリはコンクリート基礎でも予防が大切

コンクリート住宅でも油断は禁物!

近年、防湿コンクリートやベタ基礎など、床下にコンクリートを使用した住宅構造がほとんどです。そのため、シロアリ被害が発生しないと考えている人もいるかもしれません。しかし、シロアリは約0.6mmの隙間があれば、住宅に侵入することができます。中古住宅は、経年劣化やメンテナンス不足で隙間が生じてしまうこともあります。そのため、床下がコンクリート構造の住宅でも油断してはいけません。蟻道から土台の木材が被害に遭い、床材や壁にも被害が発生するでしょう。住宅の基礎部分は土壌面と接していますので、床下がコンクリートでも侵入を防ぐことは難しいのが現状です。亀裂や隙間がある場合は、しっかりと修繕して、駆除業者に連絡しシロアリ予防をすることが大事になります。

シロアリ予防を行なう期間

一軒家

現在は費用と被害を抑えるために、シロアリ被害に遭う前に、予防と駆除をすることが一般的になっています。駆除業者が扱っている薬剤の効果は5年間継続します。中古住宅を購入する際に防除工事を施しておくと、それから5年後を目安にして再度工事を行なうようにするといいでしょう。購入した中古住宅に長期間住むためには、最初だけではなく定期的に予防することが重要なのです。そうすることで、シロアリ被害を防ぎ修繕費用も掛かりませんし、住宅を守ることができます。

シロアリを発見しても決して自分で駆除しないようにする

電卓とお金

市販の殺虫剤で退治することは可能ですが、目に見えない場所に潜んでいる可能性もあります。そのため、数ヶ月後には再発してしまい、住宅に被害を及ぼす危険性があります。ですので、シロアリや羽アリを発見したら、自分で退治せずに、駆除業者に連絡しましょう。住宅の床下を中心に徹底的に調査を行ない、侵入経路を特定し、被害状況を正確に把握することができます。自分で退治するよりも予算を安くできますし、被害状況に応じた工事を提案してくれます。

TOPボタン