中古住宅を購入後にすべきこと〜シロアリ予防で快適な生活〜

シロアリ予防をしないと耐久性が低下・倒壊する危険性もあり

早期発見が大事!シロアリ被害が深刻になる前に予防対策をしよう

シロアリが住宅に与える被害

早期発見することができれば、駆除作業も簡単で恐れることはありません。しかし、発見が遅れてしまうと、被害は深刻になってしまうでしょう。住宅の一部を修繕工事するケースもありますし、重症の住宅は地震で家屋倒壊するケースも報告されています。大地震が発生して、住宅が倒壊するのは、木材の劣化や腐朽だけでなく、シロアリ被害が大きく関係しています。修繕工事をするケースは、シロアリ駆除費用だけでなく、住宅の修繕費用も必要になります。大地震が発生して、購入した住宅が倒壊した場合は、新たに住宅を購入しなくてはいけません。シロアリ被害が深刻になることで、沢山の費用を負担しなくてはいけません。

シロアリ予防をすることで費用の負担も少なくなる

クロアリと同じようにシロアリも地中に巣を作ることが一般的です。そのため、公園や庭先に巣を作ることが多いでしょう。駆除作業を行なわないと、被害は拡大して、高額な駆除作業費用が必要になります。さらに、修繕費やリフォーム費も高額になるでしょう。ちなみに、シロアリ被害では火災保険は適用されません。少しでも費用を抑えたい場合は、早期に予防することが大事です。駆除業者に依頼して薬剤を散布すると、その効果は約5年間継続します。そのため、高額な修繕費やリフォーム費を支払うよりも負担が少なくなるでしょう。定期的に予防を行なうことで、長期的なスパンで考えると安い費用で安全な住宅にすることができます。

TOPボタン