中古住宅を購入後にすべきこと〜シロアリ予防で快適な生活〜

シロアリ予防をしないと耐久性が低下・倒壊する危険性もあり

あなたの家は大丈夫!?素人でも行なえるシロアリの確認方法を紹介

シロアリの生息を確認する

シロアリは床下だけでなく、柱や梁など構造上重要な木材も表面を残して、内部を食べてしまうでしょう。現状の被害状況を正確に把握するために、住宅での確認方法を紹介します。

蟻道の確認
住宅で一番被害が発生しやすい場所は床下です。地中を移動できるシロアリは、床下から侵入するため、床下に蟻道がないか確認しましょう。蟻道は文字通り「蟻が通るための道」です。建物の基礎部分やコンクリートについていることが多いでしょう。
柱などの木材を叩いてみる
被害が拡大すると、外観は全く問題がない木材でも、内部は食べ尽くされて空洞になっているケースもあります。木材の表面を残して、内部を食べることができるので、木材は叩いて確認してください。叩いた際に空洞音がしたら、被害に遭っている可能性があります。
風呂場や玄関の形状を確認する
被害が深刻な住宅の場合、木材の耐久性が著しく低下してしまいます。その結果、柱が柔らかくなったり、床の一部がくぼんだりすることもあります。特に、浴室やキッチンなどの水回りは、シロアリが好む環境ですので、建物の形状や耐久性に変化がないか確認しましょう。

シロアリ予防を行なう前に点検を依頼する

駆除業者に依頼して予防を行う前に、点検を依頼してください。多くの駆除業者が無料で点検サービスを提供していますので利用してください。ここでは、点検サービスの流れを紹介します。

熟練の防除士による床下の点検

住宅の床下を点検するのは、素人では困難な作業になります。駆除業者に依頼すると、無料の点検サービスも、専門の防除士が行ないます。建築関係者でも床下に潜った経験のある人は少なく、正確に点検するためには、シロアリ駆除の専門家に依頼することが大切です。無料の点検サービスでは、熟練の防除士が床下のチェックを行ないます。

写真付きの報告書による点検結果の案内

床下の点検後は、調査報告書を作成してくれます。シロアリ被害だけでなく、木材の劣化状況も点検して報告してくれます。調査報告書は写真付きのため、素人でも被害状況が把握しやすく、調査内容や被害状況を書面に残しておくことで、安心感も高まります。

このように駆除業者の無料点検サービスを受けると、専門の防除士が住宅の細かいところまで点検作業を行ないます。素人でも床下の状況を簡単に確認することができますので安心です。

TOPボタン